海外で就職するときの公的手続きと免許証の更新の大事さ

海外で就職をする場合は日本国内での就職と違って、さまざまな手続きが必要になります。もしも気になるのは就労ビザです。そういったところには注意しますが、意外と足元のことが疎かになってしまいます。今回は【海外で就職するときの公的手続きと免許証の更新の大事さ】についてまとめておきましょう。

海外で就職するときの公的手続き

海外転出届けの提出をしなければならないのは、日本を1年以上離れるケースです。バタバタして出国してしまうと、海外転出届けの提出を忘れてしまうとトラブルになります。思わぬ支出になります。住民票がそのままになってしまいますから、国民健康保険・国民年金・住民税の請求がきます。住民票を海外転出届けで抜いておかないと、支払い義務が免除されません。

日本にご家族がいるならば代理で海外転出届けを申請することもできます。その場合は本人確認書類など煩雑な手続きが必要になります。忘れないように出国する前に海外転出届けの手続きをしておきましょう。

免許証の更新の大事さ

海外で就職するにしても日本人であることに変わりはありません。日本とのやりとりはありますが、そのときの身分証明書としてパスポート意外に自動車運転免許証を利用するシーンがとても多いです。インターネットバンキングの口座を新しく作る場合もスムーズです。

もしも、自動車運転免許証があっても、注意したいのはその期限です。帰国して有効期限が切れているのも問題ですから、出国前に確認しておきましょう。海外で更新手続きはできません。

いかがでしたでしょうか?

海外で就職するときの公的手続きと免許証の更新の大事さについてご紹介しました。これで安心できると思います。今回の記事を思い出してください。

関連する記事