海外就職先を探す場合の求人情報サイト

外国で就職したいならば、現地の情報を集めることが大事。そして、その国に一度は渡航することがいいでしょう。その国に憧れを持っていたり、観光で訪問したことがあったりしても、実際に働くとなると違う景色になります。情報収集が終わったら、いよいよ就職先を探します。今回は【海外就職先を探す場合の求人情報サイト】についてお話します。大きく3つのタイプがあります。

日本に拠点があって各国の求人を取り扱っているサイト

普段見ている求人サイトを見てみると「海外コーナー」があります。求人案件で多いのは日本の会社の現地支社の人材募集です。英語が苦手ならば、こういったところからはじめてはいかがですか?

海外に拠点があって日本人を対象に現地求人を紹介するサイト

こちらのほうは求人広告が英語など外国語で掲載されています。日本の求人サイトの現地法人が運営しているケースが多いです。こちらのほうも日系企業の海外支店の求人がメインになります。

海外の現地の求人情報サイト

語学力に自信があるならば、現地サイトを使うといいでしょう。求人の数も多いです。日系企業以外での海外就職を希望しているならば、こちらで決定です。求人広告は全て現地語ですから、語学力は必須ですし、それが理解できるレベルでないと仕事はできないでしょう。

いかがでしたでしょうか?

海外就職先を探す場合の求人情報サイトについてご紹介しました。外国での就職を希望するならば実際に使ってみるといいでしょう。希望をできるだけ叶えたいならば、複数のサイトを見ることがいいです。また直接企業のオフィシャル・ウェブサイトで外国勤務の人材を募集していることもあります。

基本的に必要な書類は、英文履歴書・日本語の履歴書・職務経歴書などです。

関連する記事