海外の就職で面接を受ける場合の注意事項

日本を離れて外国で仕事を希望する人が増えていますが、就職となれば面接があります。現地まで、わざわざ面接を受けにいかなければならない局面もあります。最近はテレビ電話で面接できることも増えています。今回は【海外の就職で面接を受ける場合の注意事項】について迫ります。

基本的に面接は現地まで

もしも、今の仕事があるならば休暇を貰わなければなりません。それなりの日数になります。飛行機やホテルの手配も必要ですから、国内での面接とは違います。しかし、採用までの面接は2回程度で、日にちは5日程度です。そういったことも事前に確認しておきましょう。滞在期間は1週間から2週間程度になりますが、それだけの休暇がもらえるかどうかもあります。

費用は自己負担ですが、受ける企業によって日本の人材をどうしても欲しいならば、面接に支出した費用を出してくれる場合もあるようです。

電話やインターネットでの面接もあります

Skypeで面接したり電話面接で判断したりすることもあります。その場合は現地まで行かなくてもいいです。就職を希望している会社が提案してくれるならば、ありがたいです。ですが、現場を見ることもできないのでオフィスの雰囲気を確認できないリスクはあります。

いかがでしたでしょうか?

海外の就職で面接を受ける場合の注意事項をまとめて紹介しました。面接を受けたから合格するわけでもありません。面接も日本語なのか英語なのか現地語なのかも確認しておきましょう。日本人は控え目になりがちです。それよりも堂々とした態度のほうが高評価になります。自信をもって望むと合格する可能性が高くなります。自信過剰気味になっても大丈夫です。積極的な姿勢は企業にも安心感に繋がります。

関連する記事