海外就職をする場合に転職エージェントを使う流れ

外国での就職となると、気になるのが就労ビザです。でも、国によって手続き方法や書類が違いますから、煩雑な手続きでやっかいな感じがします。そんな不安も海外就職専門の転職エージェントならば的確なアドバイスをもらえます。無料で使えるので便利な存在です。この記事では【海外就職をする場合に転職エージェントを使う流れ】について解説します。

登録手続きをしてコンサルタントと面談します。

インターネットで希望の転職エージェントを探し、必要事項を記入して登録をします。その情報をもとに担当のコンサルタントから通知がきます。直接、会社に出向いたり電話で面談をしたりします。その際に、やってみたい仕事やこれまでの経歴や持っている能力を具体的に説明しましょう。そのデータから希望に合致する求人を探してくれます。

求人情報の中から希望案件を見つけて応募します。

提案してもらった情報から、あなたの関心がある会社を選んでコンサルタントに連絡します。コンサルタントは事前に提出している必要書類を会社に提出してくれます。自分で手続きをしなくてもいいので、とっても楽です。

面接をして内定通知をもらったあと入社になります。

書類での審査がパスしたあとは、面接になります。現地で面接するのが一般的ですが、最近ではテレビ電話での面接もあります。相手企業側のスケジュール調整の交渉はコンサルタントが手配してくれます。内定がでたらコンサルタントを通じて通知がきます。労働条件や入社の時期の交渉から、渡航手続きまでフォローしてくれます。

いかがでしたでしょうか?

海外就職をする場合に転職エージェントを使う流れについて理解できたでしょう。これで不安なく海外での就職活動ができる自信がついたのではないでしょうか?

関連する記事